コラーゲンを摂取して美肌を作れ!40代からの美肌対策



上の表は、顔の皮膚のコラーゲン量の、年齢による変化を表しています。
すぐにお分かりになると思いますが、40代になると20代の頃の半分程度しか
コラーゲンがありません。

なぜ、年齢とともに、コラーゲンを摂取する必要があるか、ご理解頂けるかと思います。

コラーゲンの摂取、なぜ必要?

ところで、そもそも、 なぜ、コラーゲンの摂取が大事なのでしょうか?

それは、 コラーゲンと美肌には大きな関係がある
からなのです。


女性は年齢とともに、肌に水分を留めておくチカラ、つまり保水力が衰えてくるのですが、これは肌のコラーゲンが減少していることが原因です。

肌に保水力がないと、いくら化粧水で肌に水分補給をしても、肌に水分を留めておくことができず、 常に肌の乾燥に悩まされることになります。

また、肌の保水力は肌の潤い、ハリとも関係してきます。 つまり、肌のコラーゲンが減少するだけ肌の潤いやハリがなくなってきます。 アンチエイジング対策、美肌対策でコラーゲンの摂取は絶対なのです。
ほうれい線化粧品のおすすめは?

見た目年齢が5歳若返るメイク術

30代にもなると、若返りというキーワードに敏感になってしまうものです。 若返りを図る方法は様々ありますが、いずれもかなりの時間が必要なのが難点です。 そこで、一時的な若返り効果ではありますが、メイクで-5歳を実現する方法を紹介します。

まずはメイクに取り掛かる前に、肌を保湿しましょう。 乾燥してカサカサした肌は老けて見えますし、乾燥した状態はシワが目立ちやすくなるので、保湿してからメイクに取り掛かりましょう。

しっかり保湿したら下地を塗っていきます。 ベースメイクで顔全体のくすみを目立たなくすることが大切です。

次に、テカりがちな部分にパウダーをつけていきます。 顔の全体に塗ると乾燥しがちな口元や目元のシワが目立ってしまうので、あくまでもTゾーンなどのテカリが気になる部分にだけ付けて下さい。 ラメ入りのものならより立体感が出ますし、華やかに仕上がります。

肌のメイクが完成したら、アイメイクに移りましょう。 加齢によって目力がなくなってくると、顔全体がぼやけた印象になります。 若いころに目が大きかった人のほうが、年をとると老けて見られる傾向にあります。

アイホールにラメ入りのパウダーを塗って、明るくしていきましょう。

色の選択も重要で、ブルーやピンクにすると老けて見える恐れがあるので、ベージュ系にすることをおすすめします。 次に、マスカラを塗るときはバサバサとしたフサフサまつ毛にするのではなく、長く美しいまつ毛をイメージして塗っていきます。

そして、顔の印象を決定付ける眉毛。 90年代は細い眉毛が流行っていたので、それを引きずって今も細い眉毛に整えている人がいますが、太めの眉毛にして顔の印象を引き締めたほうが若く見えます。

さらに小顔効果も生まれ、輪郭のたるみも目立たなくなるので、細眉派の方は一度お試し下さいね。

仕上げに唇ですが、縦ジワを隠してつやつやの唇を演出しましょう。 筆で縦のシワを埋めながら塗っていき、最後にグロスをたっぷり塗って仕上げます。



若返りたいなら代謝アップ&デトックス!

アンチエイジングの為にも、体内の老廃物をできるだけ溜めずにデトックスしていきましょう。 有害物質を一切体の中に入れないのは困難なので、体内に蓄積させないことが大切です。

便秘は老廃物が溜まっている状態なので、吹き出物が出たり肌が荒れる原因になります。 しかも、血液に有害物質が吸収されると毒になる恐れがあるので、便秘にならない食生活を心掛けたいものです。

また、多めに水分を摂取して、しっかり排尿するのも大切です。 水分を過剰摂取するのはNGですが、水を多めに摂れば体内に溜まった余分な塩分などと一緒に、有害物質を体外に排出することができます。

わかめや昆布などの海藻類は海藻類はミネラルが豊富ですし、代謝をサポートしてくれます。 しかも、カロリーが低いのでヘルシーです。 水溶性の食物繊維であるアルギン酸やフコイダンなども多く含有しているので、デトックス効果も期待できます。

肝臓は有害物質を解毒する役割がありますが、この解毒をサポートしてくれる成分であるターメリックやタウリンも摂取したいところです。

ターメリックは香辛料、タウリンはタコやイカなどの魚介類に含まれています。 解毒作用と新陳代謝アップのWの効果が期待できるので、積極的に摂取しましょう。

プチ断食もデトックス効果抜群です。 本格的な断食でなく、胃腸に休息を与える為に1日だけ断食します。 アンチエイジングにも効果があり、断食の前日は就寝の3時間前に食事を摂らないようにし、中で気分が悪くなったら無理せず中断しましょう。

また、ただ食事を絶つのではなく、スロージューサーで絞ったフルーツジュースを1日2回飲む方法がおすすめです。 リンゴやグレープフルーツ、人参などの酵素がたっぷり入ったジュースで美味しく断食できますよ。

水は浄水かミネラルウォーターをこまめに摂取し、2リットル以上飲めば体内に蓄積された毒素や重金属などの老廃物が排出されてスッキリします。

また、ウォーキングなどの有酸素運動をして汗をかくのも効果的です。



アンチエイジングをスタートさせてください

「アンチエイジング」という美容単語も広く知られるようになり、昨今では、巷の女性たちは驚くほど若々しく美しくなりましたね。

美魔女、なんて言葉も登場し、世間ではいかに年齢を感じさせない美しさを保てるかがテーマとなっています。実際に、日々アンチエイジングに励みながら、若く美しい外観を保とうと努力している女性も多いのではないでしょうか。

しかし、それとは反するように、「もう年だから、仕方ない・・・。」と、なかば諦めてしまっている女性も多くいらっしゃいます。

そんな女性たちは、ますますアンチエイジングに熱心な女性との見た目年齢の差が広がり、美しさの二極化も深刻になっている傾向にあるのではないでしょうか。

果たしてあなたは、「諦めた女性」ですか?それとも、「見た目の若々しいアンチエイジングに熱心な女性」でしょうか?

せっかく同じ女性に生まれたのであれば、アンチエイジングでいつまでも若々しく美しいあり続けたいものですよね。

もしも自分が、諦めている女性だと自覚をお持ちなのであれば、どうか簡単な方法からでもアンチエイジングをスタートさせてみてください。

例えばお顔にできるほうれい線・・・、マリオネットライン、と呼ぶこともあるシワの名前なのですが、 このほうれい線があるかないかでも見た目年齢は大きく差が開いてしまいます。

いわゆるブルドックのようなイメージになってしまう困ったシワのことですね。ほうれい線ひとつを解決させるだけでも、あなたの見た目はうんと若返るはずなのです。

日々の努力や、ケアの工夫ひとつで、ほうれい線やたるみを食い止めましょう。アンチエイジングと聞いて、「なんだか大変そう」「お金がかかりそう」と踏み出せない方も多いかもしれませんが、決してそうとは限りませんよ。

その方法を知っているか知っていないかは、とても大きな分かれ道です。あなたができる範囲から、無理のないアンチエイジングをスタートさせましょう。



ほうれい線が見た目に与える影響

小学生の頃、歴史の教科書の登場人物に落書きをする遊びをした方も多いでしょう。ほっぺたに渦巻き模様を足してみたり、男性の顔にまつ毛を書き足したり・・・。

そして、多くの子供達は、その顔にホウレイ線のような線を引きます。するとその歴史上の人物の写真は、一気に老け込んで面白可笑しく変わるのです。ほうれい線によって見た目の年齢が変わることを、私たちは小学生の頃から知っていたのですね。

そして今、鏡を覗いてみると、あのころ笑い者にしていたほうれい線が自身の顔にあることに気づきます。「わあ!なんだか一気にオバさんになっちゃった!」・・・、とてもショッキングなことですよね。

ほうれい線は、相手が大人であろうと、また小さな子供であろうと、老けた顔だという印象を与える一種の大きな記号として君臨しています。

美容やアンチエイジングを気にして生活している女性にとって、とても大きな悩みの種となるでしょう。 事実、ほうれい線がお顔にあるだけで、その人の見た目年齢はプラス5歳にもなってしまうと言われています。

実年齢よりも年上に見られがちで、もしもほうれい線があるのなら、あなたの見た目年齢はホウレイ線による影響を大きく受けている、ということになるでしょう。

また、ほうれい線が与える印象への影響は年齢だけではありません。くたびれた顔、という印象にも直結しているはずです。いつも元気な表情は、若々しさの象徴であることに対して、口元にできてしまったほうれい線は、老けて疲れたイメージを与えます。

「最近、忙しい?」「大丈夫?疲れてない?」とよく聞かれるようになった、という方は、ぜひ一度鏡とにらめっこしてみましょう。

相手にそのような印象を与えてしまう、ということは、どこかしらに原因があるのです。もしかすると、ほうれい線ができてしまっているのかもしれません。

このように、ほうれい線はあなたの見た目を大きく左右させてしまいます。ぜひ解決させて、若く元気なお顔をキープさせてください。



美容コラム

女性は40代に差し掛かる頃に肌のハリや弾力が衰え、保湿力が低下し始めます。これは肌のコラーゲンが失われていることが原因で、40代の女性が肌に保持しているコラーゲンの量は20代の女性の半分程度と言われています。

ですので、40代になっても美肌を保とうと思うなら、コラーゲンを補給することが何より大事です。

コラーゲンの補給方法には、スキンケアによる補給と体内からの補給の2通りあります。スキンケアによる補給とはもちろんエイジングケア化粧品による対策を指しますが、肌への吸収という点では、効率よくコラーゲンを摂取するのは難しいのです。

その点、体内からのコラーゲン摂取であれば効率よくコラーゲンを補給することが可能です。体内からのコラーゲン補給といえば、まず思いつくのが食品に含まれるコラーゲン栄養分による補給です。

しかし、忙しい現代女性が、毎日忘れずに必要な分だけ確保するというのも難しいでしょう。

次に考えられるのは、サプリメントによる補給です。実際、一昔前はコラーゲンによる体内補給といえばサプリに頼るのが当たり前でした。

ところが最近では、コラーゲンドリンクの方が効率よくコラーゲンを摂取できることが分かっています。肌のハリ・弾力を取り戻し、肌の保湿力を高め、しわやほうれい線を解消するのにコラーゲンの取得は必須です。是非、コラーゲンドリンクで美肌を取り戻してください。

ページの先頭へ